ジャンプ史上最も優しいキャラクターランキングのソーシャルスタイルを検証してみる。

ソーシャルスタイル

はじめに

ちょっとまえにジャンプ史上最も優しい主人公ランキングを目にしたときに、一般的に優しいと思われるキャラのソーシャルスタイルって何が多いんだろう?と興味を持ったので検証してみました。5分ほどで読めるので最後までお付き合いください。

なぜするのか?

優しい人=エミアブルがほとんどなのでは?という個人的なイメージが正しいのかを検証するのが主な理由です。きっとドライバーは少ないはず。むしろドライバーがいるならばどんなキャラ設定にしているのはすごくきになるから今後掘り下げていく予定。

ソーシャルスタイルってなに?という方はこちらをどうぞ。

どうやるのか?何をやるのか?

全キャラしっていればよいんだけど、マンガ好きとはいえ名前は知っているけど読んだことがないマンガもある。

なのでその際はrentaで無料立ち読みだけ読んでその時のソーシャルスタイルで判断することにします。

ストーリーが進むことでソーシャルスタイルが変化している場合もありますがそれはご了承ください。(登場人物の感情表現の変化もどこかのタイミングで検証してみたい)

実際どうだったか?

・エクスプレッシブ>エミアブル >アナリティカル>ドライバーの順だった

・アナリティカルは少数

・ ドライバーが皆無(きっと悪役か脇役に多いはず)

□エミアブル

・沢田綱吉(ツナ)/家庭教師ヒットマンREBORN!

・竈門炭治郎/鬼滅の刃

・殺せんせー/暗殺教室

・緑谷出久(デク)/僕のヒーローアカデミア

・エマ/約束のネバーランド

・鵺野鳴介/地獄先生ぬ~べ~

・ゴン=フリークス/HUNTER×HUNTER

ざっくり結論

エミアブル が一番多いと予想してましたがエクスプレッシブが一番多い結果となってました。いやー。予想外でした。

エミアブルの特徴としては「人の意見を聞く」なので相手あってのコミュニケーションが前提な部分に引っ張られたのかな?という感想です。

エクスプレッシブは感情表現が多くて、意見を主張するのでいかにも少年漫画の主人公って感じなので偏った可能性もありますな。それは他のマンガの主人公で改めて検証してみたいです。

アナリティカルは予想通り少なかったです。感情表現が少なくて、意見を聞くという設定は主人公として描くのは難しいのかも?とはいえ感情表現が少ないからといって優しい人がいないわけじゃないのでその点はアナリティカルな私は主張したいところです!

ドライバーも予想通りいませんでした。きっと悪役に集中してるんだろうな。それは次回検証したいです。裏を返せば、感情表現が少なく、意見を主張する優しいキャラを作れば今までに無い物語を展開できそう。ひとりだけ悩んだのがケンシロウなんですけど、意見を主張している場面は想像できなかったのでアナリティカルにしました。

次に何をやるか?

悪役にドライバーが多いのか?は検証してみたいのでGooランキングに冷徹な悪役ランキングからソーシャルスタイルを分類します。

実際のランキング

1位「沢田綱吉(ツナ)」

2位「竈門炭治郎」

3位「アレン・ウォーカー」

4位「冴羽りょう」

5位「殺せんせー」

6位「緋村剣心」

7位「モンキー・D・ルフィ」

8位「孫悟空」

9位「坂田銀時」

10位「緑谷出久(デク)」

11位「ターちゃん」

12位「エマ」

13位「鵺野鳴介」

14位「ケンシロウ」

15位「ゴン=フリークス」

16位「うずまきナルト」

17位「進藤ヒカル」

18位「藤崎佑助(ボッスン)」

19位「大空翼」

20位「結城リト」

コメント

タイトルとURLをコピーしました