【インプット】伝えて動かす!WEBライティングの教科書

書く技術 インプット


サイトにきてくれてありがとうございます!

Kindle unlimitedで無料で読める「伝えて動かす!WEBライティングの教科書」を読了したのでアウトプットを書きます。ざっと内容がわかりますのが、具体的なことを知りたい方は実際に手にとってもらうことをお勧めします。

なぜ読もうと思ったの?

ブログを開始するにあたって人に伝わる文章術を学びたいシリーズの4冊目です。

「煽りなどしなくても紹介したサービスが相手にマッチすれば、喜んで購入してくれる」 (著者のプロフィールに書かれていた文章そのままです。)

「煽れ!」「大げさに!」と書かれている文章術が多い中で目にした文章に惹かれました。

私もブログをやるにあたって「読まれたい!」「PV欲しい!」「あわよくば売上あげたい!」と鼻息を荒くしていたところに飛び込んできた文章に我に返った瞬間でもありました。

何より評価が高い割に価格が安い。Kindle unlimitedで購入したので私は無料ですが、購入したとしても500円という良心的な価格設定で手に取りやすい。

誰におすすめか?

  • 文章を書きたい!けどいざ書こうとすると何も書けない方
  • ブログを始めたいけど何を書こうかネタに迷っている方
  • Webライティングを学びたいけど980円以上出したくない方
  • Kindle unlimitedすら高いと思ってる方
  • 文章構成のフレームワークを具体例を使って理解したい方

Webライティングに特化した書籍なので一般的な文章テクニックを学びたい方にはオススメしません。

何を学んだのか?

  • 1コンテンツ1テーマにする
  • 情報発信するなら関連書籍を最低でも30冊は読む・・
  • 誰に?何を?つたえるのか?文章の7割は構成で決まる。
  • 相手に伝わる文章構成のテンプレート7つ。個人的にはSDS法が好きだけど他の手法も試してみたい。

「情報発信の主流が動画に移ったとしても、効果的な文章を作成するためのライティングスキルは欠かせないのです。」が一番心に刺さりました。

備忘録

今回読んだ本はこれ

備忘録

説明文の基礎は大から小
マニュアル構成は段階式で!

1ゴールデンサークル
なぜ?(目的、理由)なぜ副業が必要なのか?
 どうやって?(取り組み方・手段)副業にも様々な種類がありますが、その中でもおすすめなのは◯◯です。なぜなら
 何を(具体的な方法」)まずは◯◯をしましょう。そしてアカウントを取得し・・・
2PREP法
1Point(要点・結論)
2Reason(理由)
3Example(事例・証拠)
4Point(要点・結論)

3SDS法
1Summary(文章のテーマ)
2Details(テーマの詳細な説明)
3Summary(文章全体のまとめ)

4PPCの法則
1Promise(約束する)圧倒時なメリットを約束する
2Proof(証拠、証明)証拠や照明で信頼度を高める
3CalltoAction(行動の呼びかけ)具体的な行動を促す

5PASONAの法則
1Problem(問題提起)
2Affinity(親近感・共感)
3Solution(解決策の提示)
4Offer(提案)
5NarrowDown(限定性、緊急性)
6Action(行動喚起)

6成功ストーリー
1悩みが解決した状態
2悩んでいた過去の自分
3打開策を発見4理想を手に入れた現在の自分

7認知的不協和
1常識を再確認する2常識を覆す3新しい常識を伝える

書く技術の書籍は基本ルールが同じ部分が多いのであと数冊読でまとめ記事を書きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました